子どもの持久走フェスティバル、見に行ったらびっくりしました

 前年、乳児は小学生に入学しました。あたいにとっても初めての乳幼児なので、セミナー生計はたいてい問題だらけでした。そんな中、秋くらいにセミナー時の持久走フェスティバルが行われました。フェスティバル当日に向けて、頻繁に練習してあるみたいでしたが、容貌を聞いても手っ取り早いユーザーなのかのろいユーザーなのかわからないの一点張りだ。私もたいして注目はせず、所詮無事に到来出来る様にというだけ言って置きました。さて、プレ勉学から帰った乳児が、「転んだけど4レベルだったよ」と言い出しました。確かに乳児は走り回るのが好きなんだなという注目はうっすらありましたが、約50人の婦人といった競争して4レベルをとるとは予測もしていませんでした。次第に私の中に願望が出てきて、「じゃあ、今日は転ばないで3レベルとってごらん」といった乳児に伝えたのでした。
 迎えた今日、ちょっとだけ注目しつつ見に行きました。HOME後々、さすが乳児は転びました。この時点で、あたいはほんのりあきらめてしまいました。が、乳児は異なりました。対戦中盤過ぎまでは10レベル〜15レベルぐらいを走っていましたが、そこからの追い上げがすごかったのです。ひいては1レベルになり、単に到来しました。本人は大きく嬉しかったみたいだし、私もしばしは鼻高々でした。キレイモ パックプラン