持てる輩という持たざる輩-携帯は市場を二分した

こういう期まで今更。。。のムードはあるものの、ケータイの浸透は国々を様変わりさせたと思います。のっけから私事でスミマセンが、弊社はマイホームから企業まで横須賀線という名の地下鉄にのり、時給幾分以上のタイミングをかけ通勤しております。何事も問題なく順調にいけば、断じて苦にはならないのですが、シグナル機会故障等でダイヤが乱れると、これほどの破壊ないと言いたくなるほどタイミングが罹りヘトヘトに疲れてしまいます。長旅の後半、やっと企業にたどり着いたとたんに「再び帰りたい」という諺が口をついて起きるほど。

こんな階級自体は、昔と変わらないのですが、明らかに違うのは、ダイヤ無秩序の報告を聞いてもお客様が以前ほど不愉快そうな顔付きをしない点。当然、ニコニコしてるわけではありませんが、はなはだ冷静に受け止め、とある人類はもっぱらケータイを見続け、また残る人類はあっという間にケータイを取り出して別進路を探索し始めるといった様態。さっぱり何事も起きていないといった趣きだ。

地下鉄が止まったりすると、昔はしばしば駅員ちゃんに食って増える人類がいました。苦情を言う人類はただただおやじ。ケータイの浸透にてそういった人類も見ることがなくなりましたが、つい先日、久しぶりに駅員室に怒鳴り込んで掛かる男性がいました。レア生き物みたいな人類ですな、思いつつハッという気がついたのは、こういうおやじは言わばケータイを取り締まることができない人類じゃなかろうかについて。ですから、駅員相手に癇癪を起こすしかなかったのかも、といったチラホラ可哀想になりました。アリシアクリニック 予約