生産性があるのか無いのかわからない私の智恵

あたしは暇になるとちょこちょこ自分で考えた障碍に自分で答えて見るというレジャーを決める。障碍といっても難しいものではなくて小学校や、ひょっとしたら保育園の子供たちでも答えられそうな内容のものが多いです。
思わず目下出した障碍はシンプルな二者択一問題で「こういう世界中に良い人と悪い人とどちらが多い?」とか「国語と算数、正しくどっちが歓迎?」とかだ。嬉しいカテゴリーをしてあんな単独レジャーを真剣にやってしまっておる自分がふと恥ずかしくもなるのですが、返答を考え中のあたしからはおおかた近くが主張を賭けるのをためらうほどの陰気臭いオーラが出ている筈で、そのこともまた二重にいたたまれないだ。
情ないことを真剣に練る人の中には逸材肌の人が多いといつかなにかで聞いたことがあるのですが、今までの経歴から考えても自分にはその線は強制ないなと思うと、空しさが3増加くらいになります。だったら最初からあんなレジャーをしなければいいのですが、ついついくだらない障碍が頭に浮かぶのではからずも返答を見まがうようになりました。キレイモ 月額