ミッドサマーの山々の娯楽を思い浮かべて面白くなった

ミッドサマーの厳しい暑さが貫く機会、名勝に行ってみたくなることがあります。
まったく小学生低学年のとき、ミッドサマーに太陽光の山中のクライアントに行ったことがあります。そこは大変涼しくて、「野放しエアコンディショナー」のみたいでした。こういうとき、地元は非常に暑かった結果、太陽光の山中のクライアントのかなりの涼しさにユートピア的盛り上がりになりました。昔に経験したことが懐かしくおもうこともあって、改めてこんな涼しさを経験してみたくなりました。

依然キャンプは経験したことがありません。
キャンプと言うと、バーベキューも思い浮かべます。お肉などを炭火で焼くのを思い浮かべると、食欲が出てきます。私の案件、焼肉の時折白食べ物がないとつらいだ。炊飯容器でなく、直火で炊いた白食べ物も食べてみたいです。
キャンプでは、夜は原っぱに敷いたテントの中で寝ることになると思いますが、蚊に複数刺されそうなことは残念です。

ちなみに、今年から祭日に「山中の日光」ができました。山中のレクリエーションを思い浮かべると、やる気がワクワクしてきます。ミュゼ ひげ

ビッグイベント監視を知らないのは私だけではありませんでした

ユーロ2016では予選グループ3位まで決勝トーナメント突入の可能性があるとは知りませんでした。
一気に開催中のコパ・アメリカは2位までしか突入できないのでてっきりユーロもそうと思っていたので意外でした。
オープン各国フランスとおんなじグループの小国アルバニアがルーマニアを撃ち破り花盛りとなり、グループ3位での決勝トーナメント突入の希望を残すとレポートされたので、何とか気付いたわけです。
実践事件として適当に見てるだけの聴衆等にはよくある誤解ではないかと思うのですが、驚いたのはアスリートの中にも凄いのがいて過日行われたコパアメリカのペルー対コロンビアの準々決勝でPK戦の末日コロンビアが勝利したレースでは、ペルーのリーダーのゲレロは常勤後に引き伸ばし戦があると見なしレジャーしていたみたいでした。
それを聞いてアスリートもはなはだ大雑把だと思ったのですが、引き伸ばしの有る無しで戦いほうが変わってしまうのでリーダーがそれでは悪いでしょう。
ビッグイベント仕組も知らずに世界的なビッグイベントに参加している最前熟練がいるのも不思議でしたが、それもおおらかな南米の各国らしくて許せるかなと思ったりしましたが、
ハンドでゴールしてまでブラジルを撃ち破り神さまの決勝トーナメント突入を果たしたペルーにとってはちょこっと損した思いでしょう。ミュゼ 100円