ルンルンお片付けのマガジンを読んだ。内容は明快。

思いっ切り長く書く入用あるのか?
自分がときめくものを記しましょう。そうでないものは捨てましょう。
ただそれほどなのに、大量のHPにした教科書。長過ぎる。
わたしはそこまでじっくりと教科書を読ん出るお忙しいのよ。
HPを読んでいると、1000文章ぐらいで成し遂げる存在もほとんどだから、
教科書は、長すぎる。一行で成し遂げるものを、何HPにも渡って書いている。
そりゃ、教科書も売れなくなるわなあ。
断捨離の文庫本も、長い。
エレメントだけですばらしい。若しくはインターネットブログ。
フォーラムに行くひつみたいも無い。自分で置き忘れる。
カレン・キングストンのガラクタ捨てれば自分が窺える、は良かった。
内心の異常さが、広間の異常さにあるに関して。
譲る態度の大切さ。ものに囲まれなくとも暮らしていけるという伝達。
けれどもわたしは、ミニマリストにはなれないな。
コーヒー、ごみ手提げ袋、紅茶、トイレットペーパー、胴体ソープ、ラーメンなど
ディスポーザブルをおかないといけないから。キレイモ 効果

ガラクタを捨てて、あたしと向き合って見る。

ガラクタを捨てて、それぞれと向き合って見る。
オススメスポットだけを残して、あとは譲る。
現時点、楽ちん、現在、に必要な物だけを残す。
幾らか大型寸法の座敷着は捨てよう。
ようやっと洗濯したけどね。
二度とズタボロだし、ヨレヨレだし、惜しいけど。
でもこうやって、ときめくものだけ残していって、ガラクタを捨てて
お気に入りの品物に囲まれて暮らしたい。
クズはアッという間に捨てたいし、体についた脂肪は捨てたい。
どうしたら、そう生まれ変われるのか、わからないけれど。
不要なものを住宅にはいって欠けるようにする、必要なカタチばかりにする、
オススメスポットばかりに講じる、そして、快適に暮す。
それができれば、言う案件乏しいんだけれどなあ。
ガラクタを譲ることは、それぞれと立ち向かう案件。
座敷のガラクタを捨てて、それぞれと向き合いたい。
何とか引き上げに是非がついたのだから、不要なものはすっと捨てて
真新しい暮しを歩みたい。そのためにも、切り捨てることが重要です。がんばろう。ミュゼ 100円