カカトの角質をなんとかしたいと思ってやっていること

カカトはケアをしても硬くなってしまいます。
どうしたらいいのだろうか、と色々調べてみたところ、やすりを使う方法でケアをするのが一番良いということを知りました。
お風呂上りではなく、角質が柔らかくなる前に専用のやすりで古い角質を落とすとよいそうです。

やすりで削った後にお風呂に入り、カカトを柔らかくして、その後に保湿クリームを塗りこむと効果がある、ということなのでやってみました。
やすりにも色々なものがあって、あまり安いものはよくないそうです。
あまり力を入れて削ってしまうと、お肌を傷つけることにもなってしまうので、できるだけ優しく削るようにするとよいそうです。

毎日ではなく、気になった時にケアをするようにしています。
毎日やすりで削ってしまうと、お肌には悪影響を与えることになってしまうそうなので、注意をしなければいけないと思います。
保湿クリームは高級なものである必要はなく、ニベアをたっぷり使っています。
これだけでかなりカカトが柔らかくなりました。