夏休み。母の自由時間は子供が寝てから…しかないのに

夏休みと言えば、どうしても子供が寝るのが遅くなってしまいます。日中遊び疲れて昼寝をしてしまった日や、夜遅くまでテレビが点いてた日等々。
昨夜もそんな日でようやく子供が寝付いたのが23時近く。私も疲れてたのでそのまま一緒に寝てしまおうかとも思ったけど…。子供が寝た時こそが母親の自由時間です。やっと今日の中で手に入れた貴重な時間を睡眠に費やすのは勿体ないと思った私はそこから撮りためてたテレビ番組を流しつつ、文庫本を読むという…結局テレビの方はBGM代わりのようなものなんですが。一人きりの時間を満喫していました。
それは1時間を経過し、日付が変わろうかと言う頃に緊急事態が起こったんです。それは子供の夜泣き。もう幼稚園児だけどたまにあるんですよね、夜泣き(-_-;)熱帯夜で窓開いてたから近所迷惑ではないかと心配して、とにかく黙らせようと背中をトントン。頭をナデナデ。泣き止んだと思ったらまた泣く。しかも「もうイヤだ~」って叫ぶのには参りました。虐待って思われてないかな…。
そんなこんなを朝までチョコチョコ繰り返して夜が明けたのでした…。子供はそんなこと覚えてないから朝から元気。私は…もう寝不足(-_-)しょうがないから午前中はDVDに子守をお願いして朝寝をさせてもらったのでした。本当、疲れた…。