今時の人はみんなそうなの?ダメだと思いますけど。

先日、仕事で若い方とお会いする機会がありました。この日のこの時間にと指定があったので、予定を組んでいたのですが、都合が悪くなったのでと一旦キャンセルに。その後、別日で約束を取り付けて、前日に確認の電話を入れたのにもかかわらず、当日、時間になっても約束の場所に来ません。こちらに向かっている最中なのかも。。とか、支度に手間取っているのだろう。。とか、色々考え待っていたのですが、30分過ぎても来ないので、再度電話で確認したら、これから行くので、あと少しだけ待ってもらってもいいですか?という返事でした。その日はその後の仕事の予定はなかったし、待つのは苦にならない性格なので、いいですよとお答えし、遅れはしたものの会う事は出来て話し合いができたのですが、ちょっと気分的にモヤモヤが残りました。遅れそうですという連絡もなかったし、お待たせしてすみませんでしたの一言もなかったんです。普通に何事もなかったようにやって来て話をして帰っていきました。客なんだからそのくらいいいじゃんと思っていたかもしれませんが、ダメなんじゃないかなぁと思います。しかも、自分で指定してきた時間なのに。若い人の間では、そのくらいで怒らないでよって感じの話なのですかね。約束を守れなかったら、謝るのが普通なのでは?と思う私の感覚が古いのかなぁと考えさせられました。脱毛ラボ スピードコース

降雪から愛車を守るためのワイパーを使った私なりの対策

車に乗る方にとって、大雪からどのように車を守ろうか頭を悩ませることがあるでしょう。 20歳で免許証を取得し、10年間ほぼ毎日のように車に乗り続けていた私も、愛車のメンテナンスにはかなり気を遣っていました。 しかし、降雪により車が雪に埋もれてしまう自然現象には逆らえませんでした。 それでも、フロントガラスのワイパーを使った私なりの雪対策がありました。

特に多くの雪が降ってくるとわかっている前日に、フロントガラスのワイパーを2本とも立てておくことをオススメします。 ワイパーさえ立てておけば、車に雪が積もっても、ワイパーが埋もれる可能性は少なく、私はこの対策を実行し車を守っていました。 また、雪が降った翌朝、フロントガラスにお湯をかけ、早く雪を溶かしてしまうのも1つの方法かも知れません。

私が行っていた雪から車を守る対策法をお伝えしましたが、車に乗っている皆さんなりに雪から車を守る方法があるでしょう。 対策を実行し、大切な愛車を守りましょう。